慢性疲労症候群を正しく知るサイト

安心・安全な治療を受けるための心療内科・クリニックガイド

慢性疲労症候群を治療するための正しい知識

このサイトは、慢性疲労症候群を治療したい人のために病気の原因や症状、治療方法などをまとめました。治療を受けることができるクリニックの情報も集めましたので、ぜひご覧ください。

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群を治療するための正しい知識慢性疲労症候群とは、原因のわからない疲労感が6ヶ月以上続く状態のことを指します。

疲労の程度はさまざまで、からだを何とか動かせるレベルから寝返りさえ打てない状態まで。日常生活に大きな影響があり、患者にとっては大変な苦痛になってしまいます。

そして、未だにはっきりとした原因が解明されていません。有力な説として、ストレスや遺伝的要因による免疫低下内分泌異常、それらによる感染症の発症、そして脳機能障害が組み合わさって症状が現れるといわれています。

「慢性疲労」との違い よく慢性疲労と混同されがちですが、全くの別物です。慢性疲労は、疲労が蓄積された状態。慢性疲労症候群という病気は、たとえ疲れていなくても過剰に疲労感を感じてしまい、からだを動かすことができないという身体疾患です。ただ休息するだけではなく、適切な治療が必要です。

代表的な症状

慢性疲労症候群の症状には、主に以下のようなものが挙げられます。

強い疲労感/筋肉痛/関節痛/ 頭痛/咽頭痛/顔のこわばり/リンパ肥大/
睡眠障害/精神障害/脳機能障害

ここにない症状でも、慢性疲労症候群の可能性がゼロとはいいきれません。自分で簡単に慢性疲労症候群チェックができるページもありますので、気になる人はぜひ確認をしてみてください。

カンタン!慢性疲労症候群セルフチェック
カンタン!慢性疲労症候群セルフチェックへ

慢性疲労症候群の治療法

慢性疲労症候群の治療法は、まだ十分に確立されてはいませんがもちろん治療は可能です。現在主流の治療としては主に3種類。薬理療法、漢方処方、そして非薬理療法です。

薬理療法

慢性疲労症候群の正しい知識慢性疲労症候群には、抗うつ剤や抗不安剤の投与が効果的だとされています。疲労感の軽減や、免疫機能の改善などの効果があるそうです。

ただし、これらの薬剤には副作用があります。興奮状態や睡眠障害、疲労の増加といった現象を発生させる可能性があるため注意が必要です。

漢方処方

副作用が起こりにくいのは漢方薬による治療。「補剤」と呼ばれる、体力や気力を補う漢方薬を使って治療をします。これも免疫や内分泌を整える効果があり、適切に使えば高い効果が期待できます。

ですが、漢方薬は人によって適切な量や使うべき薬がまったく違うため、処方が難しいといわれています。かなりの経験や知識のあるドクターにかかる必要があるといえるでしょう。

非薬理療法

慢性疲労症候群は非薬理治療で改善する。いま注目されているのが、非薬理療法。

抗うつ剤などの化学薬剤を使わず、ナチュラルホルモンやサプリメントを使って体質改善をしながら、カウンセリングやセラピーでストレスを除去して治療していきます。

体内に不足しているビタミンやミネラルを補うことで自然治癒力を引き出す、というのが非薬理療法の考え方。これは漢方と共通する部分があり、漢方薬の効果をより確実に引き出す方法だといえます。

とある心療内科で非薬理療法を受けた人の体験談として、次のようなものがありました。

第一子の出産後、約5年間にもおよぶ疲労感のためほぼ寝たきりでした。もちろん家事や育児もできません。ビタミンC点滴などをしたが、十分な改善がみられなかった。心療内科のカウンセリングを受けて、ホルモンバランスの調整や低血糖、ストレス軽減の治療をすることに。副腎エキス配合のサプリやナチュラルホルモン療法を組み合わせて治療した結果、徐々にだが疲労感が薄まり家事などもできるようになりました。(33歳女性)

この心療内科について知る≫

別のページでは、非薬理療法で慢性疲労症候群提供を治療してくれる心療内科や漢方クリニックの情報を集め、カタログを作成しました。ぜひ一度、チェックしてみてください。

慢性疲労症候群が治療できる心療内科&漢方クリニック一覧