慢性疲労症候群の基礎知識

慢性疲労症候群に関する基礎知識を紹介します。あまり知られていない原因や症状のほか、セルフチェックも掲載しています。

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群とは、日常生活に影響をきたすような強い疲労感が6ヶ月以上続く状態をさします。つまり病気の状態です。

体を休めても疲労が回復しないほか、関節痛や頭痛などがあらわれる、睡眠障害や脳機能障害、そして精神障害などを引き起こすと言われています。

慢性疲労との違い

慢性疲労症候群は、疲労感が蓄積しただけの「慢性疲労」と勘違いされがちです。病院にいってもはっきりとした異常が見つからず、風邪だと診断されてしまうこともあります。

慢性疲労症候群は疲労を回復する機能がうまく働かず、いくら休んでも疲れがとれない病気です。関節や筋肉の痛み、抑うつ状態など、非常に苦痛な状態が続くにも関わらず、周囲には理解を得にくい病気なので、患者はとても辛い思いをしてしまうようです。

うつ病との違い

神経伝達物質の代謝が弱まるため、抑うつ状態になり、うつ病に近い症状が出ることがあります。

ですが、神経伝達物質の量の分布を調べると、うつ病とは違う状態になっていることがわかっています。治療のために抗うつ剤を使うこともありますが、別の病気であることには注意が必要です。

基礎知識を身につける

あまり症状や原因が知られていない慢性疲労症候群。ここではその基礎知識を分かりやすくまとめました。セルフチェックも用意しましたので、ぜひご一読ください。

  • 慢性疲労症候群のための診療内科&漢方クリニック一覧
  • 慢性疲労症候群のおもな治療方法
  • 慢性疲労症候群の基礎知識
慢性疲労症候群セルフチェック