統合医療

慢性疲労症候群の治療に用いられる統合医療について調べました。

統合医療とは

統合医療とは、現代西洋医学に加えて東洋医学や代替療法などを組み合わせる医療のこと。いわゆる対症療法を中心としてきたのが西洋医学で、原因治療(根本治療)を目指すのが代替医療のシステムや療法です。患者の状態に合わせて、1人ひとりに最適な治療方法を選択できることから、別名オーダーメイド医療と呼ばれています。

統合医療が目指す方向性

  • QOLの向上を目指し、患者一人ひとりに焦点をあてた患者中心の医療
  • 近代西洋医学及び伝統医学や相補・代替医療従事者による共同医療(真のチーム医療)
  • 身体、精神のみならず、人間を包括的に診る全人的な医療
  • 治療だけでなく、疾病の予防や健康増進に寄与する医療
  • 生まれてから死ぬまで一生をケアする包括的な医療
  • 「尊厳ある死(Death with Dignity)」と、患者だけでなく残された遺族も満足できる「良質な最期のとき(QOD:Quality of Dying and Death)」を迎えるための医療

※出典元:日本統合医療学会(http://imj.or.jp/intro

厚生労働省が公表している統合医療

国立補完統合衛生センター[米国]においては、「統合医療」を、「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」と定義しています。また、相補(補完)・代替療法については、「一般的に従来の通常医療と見なされていない、さまざまな医学・ヘルスケアシステム、施術、生成物質など」と定義しています。

※出典元:「統合医療」情報発信サイト - 厚生労働省(http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/about/index.html

統合医療に用いられる療法の種類

食や経口摂取 食事療法、サプリメント、トクホや機能性表示食品、ホメオパシー
身体への物理的刺激 はり・きゅう、温熱療法
手技的行為 マッサージ、接骨、あんま、整体、カイロプラクティック
感覚をもちいるもの アロマテラピー、音楽療法
環境を利用するもの 温泉療法、森林セラピー
身体の動作を伴う ヨガ、気功
動物や植物との関わり合い アニマルセラピー、園芸療法
伝統医学 漢方医学、中国伝統医学、アーユルベーダ

これらの医療と西洋医学を組み合わせるのが統合医療です。

慢性疲労症候群における統合医療

統合医療で豊富な実績をもつクリニック・ハイジーアの治療方法を見ると、次のような種類があります。

  • 免疫療法
  • 高濃度ビタミンC点滴療法
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • キレーション療法

慢性疲労症候群の原因は人によって様々で、その多くが解明されていないといわれています。しかし、統合医療では原因治療を目的としているため、保険治療では検査しきれない項目までチェックするのが基本です。原因不明の慢性疲労症候群に悩まれているのでしたら、統合医療という選択肢もあるということを覚えておいてください。

  • 慢性疲労症候群のための診療内科&漢方クリニック一覧
  • 慢性疲労症候群のおもな治療方法
  • 慢性疲労症候群の基礎知識
慢性疲労症候群セルフチェック